本文へ移動

業務案内

港の名脇役たちが、いま新たな活躍の場を得て・・・。

 日本の大動脈ともいえる東京湾。ここを舞台に「陸と海の架け橋」として昭和36年依頼様々な港湾運送に携わってきた二光商運。現在ではこれまでの経験を生かし、その活躍の場を大きく広げつつあります。
例えば海をテーマにした様々なイベント活動。都市から海を見る。-少し視点を変えただけで見慣れていた風景はガラリと変わります。そしてそこに新しい発想が生まれます。また新しい時代に向けての数々の港湾工事。限りない可能性に満ちあふれている海や河川。私たちは、その用途に合わせた多種多様な船舶と豊富なノウハウで、新しいビジネスを、ウォーターサイドからしっかりとサポートしていきます。
TOPへ戻る